おるたな気分

おるたな気分

ただ好きを発信する

ストレスを感じる人と感じない人の違いは〇〇だった。

f:id:ayuupi:20170117223238j:plain

ストレス

メンタリストDaigoさんの動画内にて、ストレスに関する話がありました。

世の中にはストレスを感じる人と感じない人がいますよね。

 

ストレスまみれの生活の人からしたら本当に羨ましい限りです。

 

ちなみにストレスとは、生活上のプレッシャーおよびそれを感じた時の感覚と言われています。

 

ストレスを感じる環境

「ストレス社会」と言われる現代。

悪の骨頂ともいえるストレスに殺されてしまう人も多い日本。

過労死だったり、自殺だったり。

仮に命を失わなくても、このストレスに悩んでいる方も多いはずです。

過度なストレスは体調不良もまねきますからね、この状態から逃れたいと考える人はたくさんいると思います。

 

最近、強いストレスを感じた方はいますか?(挙手!!!)

 

そうですか・・・。

そんなアナタは向こう1年間の死亡率が43%上昇しています。

特に心臓疾患のリスクが上昇しているのです。

これはヤバイですね。

 

ストレス強の看護師時代

私自身、看護師をやっていた時は日々強いストレスを感じていました。

一番ストレスを感じていたのは夜勤です。

小さな個人病院での勤務だったのですが、人件費削減のためか夜勤はひとり。

整形外科病棟だったので手術後の患者さんもいたりして、ホントひとり夜勤は精神的に辛かったです。

 

急変があったらどうしようか、夜間に患者さんが転倒したらどうしようかなど不安でいっぱい。

出勤する度に胸がドキドキしていました。

16時間拘束も肉体的にハードで、よく耐えたなと思います。

 

当時は胃痛に悩まされることもあって、ストレス性の胃炎の診断を受けたこともあります。

SNSで同じ看護師として働いている友人の投稿をサーチし、パリピな記事を見てさらに胃痛を加速させていました。

 

私のような働き方やそれ以上の働き方をしている人が世の中にはたくさんいると考えると恐ろしいです。

ストレスって本当に嫌だなと思います。

 

ストレスを感じる本当の原因

ストレスって完全悪だよねって言いたいのですが、実はそうじゃないんだよということが動画内では話されていました。

ストレスが身体に悪いのではなく、「身体に悪いと思うこと」で害を与えるんだと。

 

ストレスそのものではなく、ストレス=身体に悪いという思い込みが悪くしているのだと。

 

世の中からストレスを完全に排除することはできないと思います。

ニコニコしながら働いている方でもなんらかのストレスは感じているはずです。

 

私は看護師時代、強いストレスを感じ体調を崩すまでになりました。

しかし、同じ環境下で働く他の人達の中には私のように強いストレスを感じていない人もいたはずです。

 

その違いはなんだろうか?

その人と私の違いはなんだろうか?

 

その答えがストレス社会で生き抜くために必要なことだと考えます。

それは「考え方の違い」です。

 

ストレスに対する考え方の違いなのです。

 

ストレスを受けた時、身体に悪い影響を与える人はこんなタイプです。

胃が荒れてしまうんじゃないか、身体に悪い影響があるのではないかなどストレスに対して恐怖を感じている。

ネガティブな感じ方をしているのです。

 

逆にストレスを受けていてもネガティブに感じない人はこんなタイプ。

この状況を乗り越えることで自分はより高いところにいけるのだ!

とストレスをチャンスとして捉えています。

 

何か問題が起きた時に、特に人はストレスを感じると思います。

その時に「あー辛い」「なんか胃が痛くなりそう」と思うとそうなってしまうのです。

逆に、これはチャンスだと捉えることで、ストレスを感じない身体になるのです。

 

ストレスを感じても崩れない身体になるという方が正しいでしょうか。

 

ストレスを感じる人と感じない人の大きな違いは「考え方」なのです。

 

 

メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉

メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉