おるたな気分

おるたな気分

ただ好きを発信する

悩める大人に観て欲しい!映画「プーと大人になった僕」

f:id:ayuupi:20180917080315j:plain

はちみつが大好きな黄色いクマさん。

それが、私の中でのプーさんの印象。

 

まん丸お腹が可愛くて、ディズニーキャラクターの中でも一番大好き!

でも、アニメをちゃんと観たことがありませんでした。

だからストーリーがよくわからなかったんですね。。。

 

なので、事前にアニメ版を観て今回この映画作品を観ました。

 

プーと大人になった僕

 

プーさんってどんな話なの?

私と同じように、ストーリーをきちんと知らない人案外多いのではないでしょうか。

プーさんのお話はいくつかありますが、大筋を理解するには1本の映画で十分です。

くまのプーさん 完全保存版」

90分程度の長編映画ですが、3つの短編映画を繋ぎ合わせた作品になっています。

  • プーさんとはちみつ
  • プーさんと大あらし
  • プーさんとティガー

完全保存版では、それぞれ繋ぎシーンを入れて構成されています。

なので、これらの作品を別々に観ても問題はありません!

 

イーヨーの超ネガティブな感じが好き

f:id:ayuupi:20180917135701j:plain

くまのプーさんに登場するキャラクターはみな個性的。

人気キャラクターがたくさんいるのも納得なのですが、その中でもイーヨーが私は好きです!

好きになったきっかけは、「プーさんとはちみつ」の中でのこんなシーン。

 

尻尾が取れたイーヨーのお尻に、クリストファー・ロビンが釘で付け直すところがあります。

そこでクリストファー・ロビンはイーヨーに、

「尻尾の位置はここで大丈夫かな?」と問いかけます。

その問に対してイーヨーは「どうでもいいよ」と答えるのです。

 

どうでもいい!?!?!?!?!?笑

 

どうせまた取れるんだから尻尾の位置なんてどうでもいい。

とイーヨーは言うのですね。あの低いテンションで。

ちょっと投げやりな感じがしますが、そこがまたイーヨーの魅力。

危機迫るシーンでも、ゆったりと時に任せる感じが観てて落ち着く。

”何もしないことをする”って言葉が、一番似合うキャラクターだと思いました。

 

主人公は大人になったクリストファー・ロビン

f:id:ayuupi:20180917091956j:plain

 

100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない。

ぼくのことを忘れないって約束して。

クリストファー・ロビンが”100エーカーの森”を去る時に、プーと交わした約束。

 

映画「プーと大人になった僕」は、 「くまのプーさん」で2人が約束を交わした感動の別れの後、大人になってロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーの奇跡の再開からスタートします。

 

あらすじ 

少年クリストファー・ロビンが、”100エイカーの森”に住む親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経ったー

 

大人になったクリストファー・ロビンは、妻と娘マデリンと共にロンドンで暮らし、仕事中心の忙しい毎日を送っていた。

ある日クリストファー・ロビンは、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されてしまう。

会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン

そんな彼のもとにかつての親友プーが現れる。

 

プーに「森の仲間たちが見つからない、一緒に探してほしいんだ」と頼まれたクリストファー・ロビンは、子供の頃プーたちと過ごした”100エーカーの森”へ向かう。

何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨー、カンガルーのルーの親子。

仲間たちとの再開の喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出す。

 

「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」と悲しむプーたち。

急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、森に会議の重要な書類を忘れてしまう、、、。

 

一方、クリストファー・ロビンの忘れ物に気づいたプーと仲間たちは、マデリンの助けを借り、親友のために初めて”100エーカーの森”を飛び出しロンドンへ向かう。

クリストファー・ロビンが忘れてしまった、本当に「大切なモノ」を届けるためにー(HPより抜粋)

 大人になったクリストファー・ロビンに、自身を投影して見ていました。

”もうあの頃とは違うんだ”と言う彼の気持ちが痛いほどにわかる。

だからこそ、純粋な心で”一緒に遊ぼうよ”と誘うプーをみて心が締め付けられる思いでした。

 

私自身、子ども時代、大人になることはとても格好いいものだと思っていました。

今よりもずっとお金があって、権力もあって、何でもできるんだと。

 

でも、実際に大人になると”それ”は違って

いつも心のどこかで寂しさを感じるようになっていきました。

映画の中のクリストファー・ロビンも同じだったんじゃないかと思います。

 

何もしないことが、とても素敵な何かに繋がる

クリストファー・ロビンが”100エーカーの森”を去る時に、プーと交わした約束は「ぼくのことを忘れない。」

実はこれ以外にも、もうひとつしたプーと交わした約束があります。

それは「何もしないをすること」

実写版映画の中でもとても大切なワードになります。

この言葉はくまのプーさん 完全保存版」のラストで、クリストファー・ロビンとプーが世界で一番好きなことについて話すシーンで語られます。

 

私たち大人は常に”やるべきこと”に追われている。

そんな気がします。

仕事中心の毎日で辟易している人が多いのではないでしょうか。

それは映画の中のクリストファー・ロビンと同じですね。

  • 子どもの頃と同じように生きてはいけないんだ
  • 大人になるということは何かを犠牲にして生きること

そう考えている人も少なくないでしょう。

 

でも、ホントにそれで良いのでしょうか。

大事なモノ見失ってない?

 

こう一度立ち止まって考えてみるのも大事だと思います。

 

今自分が何を大切にすべきか。

何が好きで、何を幸せと感じていたのか。

”何もしないこと”で見えてくることが必ずあるはずです。

 

最後に

映画「プーと大人になった僕」は、大人にこそ観てほしい作品です。

私自身、涙する場面もたくさんありました。

人生を生きていく上で本当に大切なものは何か、幸せとは何か。

改めて考えるきっかけを与えてくれます。

単なるファンタジー作品ではありません!!!

次の休日にでも、ぜひご覧になられてはいかがでしょうか。 


「プーと大人になった僕」日本版予告

作品詳細 

プーと大人になった僕

公開日:2018年9月14日(金)

原題:「Christopher Robin

監督:マーク・フォレスター

出演:ユアン・マクレガーヘイリー・アトウェル

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney Enterprises, Inc.