おるたな気分

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おるたな気分

ただ好きを発信する

仕事で疲れた人のための焼き肉丼!回復力100倍!元気100倍!

料理

 

こんにちは!20代独身女子のあゆっぴです(@ayuupi0128)

ひとり暮らし歴5年目に突入しましたが、おしゃれな料理作れません

早い!早い!うまい!をモットーに簡単ご飯作って過ごしてきました。

寒い季節でも食欲は落ちないザ・肉食系女子です!

今回紹介するのは、回復力100倍・元気100倍の焼肉丼

 

f:id:ayuupi:20170124212217j:image

 

スタミナ満点のガッツリ飯

女子だからって関係ない、ガッツリいきましょう!

 

用意する食材

 

  • にんじん 1/4本
  • ニラ 1/2束
  • 牛肉 150g

食べたいだけ好きなだけ材料は用意すればいいです。

あとは焼き肉のタレと炒めるときに使う油、私はオリーブオイル使ってます。

たった3つの食材で美味しいご飯できちゃいます。

 

写真だけでわかるつくり方 

 

①お好みの大きさき切る

にんじん苦手な人は細かく切った方が食べやすいかも。

独特の青臭い香りもあって、大人でも苦手な人いますよね?

でも、食べずにいるのはもったいないほどの栄養がにんじんには詰まっているので、ぜひ食べて欲しい。

アンチエイジング効果もあるので女性には特におすすめの食材です!

  

f:id:ayuupi:20170124212511j:image

 

②にんじん入りまーす

にんじんは火が通りにくいので、他の食材よりも先に炒めます。

よく火を通しておかないと半生になりますよー。

私個人としては、ベロンベロンくらいが好き!

 

f:id:ayuupi:20170124212521j:image

 

③牛肉ぎゅうぎゅう炒めます

にんじんがある程度しんなりしたら牛肉投入ー!

塩・コショウをお好みでふりかけてください。

先に炒めたにんじんを焦がしたくない場合は、一度別のお皿に移して、お肉だけを炒める。最後に合わせてさっと炒める方法がいいですね!

 

f:id:ayuupi:20170124212555j:image

 

④ネギ属に属する多年草ニラ

ニラはすぐにしんなりなるので、最後の最後に入れましょう。

身体が温まり精力がつく野菜として、北海道や東北の寒い地方では、古くから重宝されているみたいです。今の季節にぴったりですね!

 

f:id:ayuupi:20170124212614j:image

 

⑤黄金焼肉のタレ 中辛

最後はざっと、焼き肉のタレを全体にかけたら完成です。

フルーツの爽やかな甘さと香味野菜のコク。みんなで楽しめる中辛を使用。

私が大好きな!エバラ食品”黄金の味”は、りんご・桃・梅などの果実類をふんだんに使った、さわやか〜な甘さのタレです。 

 

f:id:ayuupi:20170124212630j:image

 

食欲そそる匂いがたまらんですね!

これ食べたら、あなたの疲れた身体は見違えるほど回復していくでしょう。

回復力100倍!元気100倍!スタミナ焼き肉丼の完成です。

 

にんじんとニラの今日からつかえる知識

 

最後に今回使った食材の”今日からつかえる知識”を添えてごちそうさまします。

にんじん編 

アフガニスタンで生まれた緑黄色野菜の代表的存在。

最近、ガンに効くと注目のβカロテンも豊富です。

普段私たちが食べているあの部分は”根”!

根を食べる野菜の中では珍しく緑黄色野菜です。オレンジ色の色素はカロテンで、体内でビタミンAの変わりますよ。

緑黄色野菜の中でも、カロテン含有量はトップクラス!!

約50g摂取すれば成人の1日に必要な量のビタミンAがカバーできます。

ニラ編

切っても切ってもまた生えてくるユリ科多年草

強いにおいがうまみのもと、中国料理に欠かせないスタミナ野菜!

わが国のニラ栽培の歴史は古く、9〜10世紀頃からと言われています。北海道や東北の寒い地域では、身体が温まり精力がつく野菜として、古くから重宝されていたようです。

ニラのあの強いにおいのもとは、ネギや玉ねぎと同じ硫化アリル(アリシン)という物質。ビタミンB1の吸収を高めたり、お肉や魚の生臭みをやわらげる働きもあります。殺菌作用や血液サラサラになる効果があるので、動脈硬化症の予防にいいですよ!

 

お腹いっぱい食べて、健康になって、元気出していきましょう。

ごちそうさまでした!