おるたな気分

おるたな気分

ただ好きを発信する

救急の入り口!?救護看護師の経験を通して

日曜日、

子ども向けのイベントに救護看護師として参加しました。

救護室にいる看護師さんです。

 

知人がSNSで募集をかけていて、

その日はちょうど仕事が休みだったのでやることにしました。

救護看護師をやるのは初めてなので、

最初は参加するかどうかも迷いました。

 

まだまだ新人と呼べる程の経験年数だし、

普段はオペ室勤務なので救急対応もない。

だから大丈夫かなって正直心配はありましたが、

経験を積むことを優先して参加を決意しました。

 

私は今回、知人経由で救護看護師をしましたが、

看護師向けのアルバイト求人サイトでも募集はあるみたいですね!

小さなイベントから大きなイベントまで、

とても人気のあるお仕事のようです(*^^*)

 

仕事内容としては、

”体調が悪くなって救護室に来た患者さんの対応をする”感じ。

そのままですね。笑

 

基本的には、救護室に待機して患者さんを待つ。

インカムを付けていれば会場内を見ても良いみたいですが、

イヤホンが無くてインカムの音声が聞きずらかったので、

私はずっと救護室にいました。

 

落ち着いている時は、一日何もなく終わることもあるそうです。

私が勤務した時は、4人の患者さんが来ました。

夏によくある症状ですね。

その他考えられることとしては、転倒

もしこれから救護看護師をされる方(特に未経験の方)は、

これらの症状を事前に学習して臨むと良いと思います。

 

実際に患者さんが来るとドッとします。

「救護室で様子をみるか」「救急要請するか」

この判断は看護師がしないといけないので、

慣れていないと焦ってしまうことも多いかと。

 

空いた時間で、私は勉強をしていました。

頭ではわかっていても実際に人を目の前にすると焦ってしまうので、

復習しながらイメトレして、いつ患者さんが来てもすぐ対応できるようにしていました。

それでも、最初は焦りましたけどね。笑

 

勤務時間はイベント開始から終了まで、

私は約7時間救護室で待機していました。

イベントによって異なりますが、

基本救護室で待機している時間の方が長いです。

なので、本や勉強道具など空いた時間で使えるものがあると良いですね。

スマホを触るなら充電器は必須かと。

 

気になるお給料ですが、、、。

交通費全額支給、日給1万円でした。

相場は、約1万円〜1万5千円

 

そんなに動き回る仕事でもないので(状況にもよりますが)、

妥当な金額かなと思います。

 

実際にやってみないとわからないことも多いですが、

少しでも参考になれば幸いです(*^^*)

 

 

 

語学学習を趣味で終わらせないために

今年の9月に中国語の検定を受けることにしました。

HSKという試験で、

中国政府公認かつ世界基準の中国語資格です。

 

昨年の10月からダラダラと中国語の勉強をしていましたが、

特段上達することもなくただ時間だけが過ぎていきました。

特に目的があったわけではなく、

”趣味のひとつ”として取り組んでいたのがいけなかった。

時間があって、かつ気分が乗った時にしか触れていませんでした。

 

なので、ちゃんと目的をもって取り組もうと思ったのです。

しかし、思っただけでは甘い。

結局また同じこと(ダラダラやってしまう)になるだろうから、

気分が乗っている時を利用して資格試験に申し込みました。

そうです、もうお金を振り込んだのです。

だから後戻りはできない、勉強するしかないのです!!!!

 

こんな飽き性の私のお尻を叩いたのは、

心理学の師匠であるメンタリストDaigoさんの動画がキッカケです。

【働く時間を1/5で収入2倍】という動画内で、

趣味について話している場面があったのです。

 

そこでDaigoさんはこのようなことを言っていました。

提供を前提としない趣味はただの趣味

提供することを考えて行なう趣味は趣味じゃない

 

好きなことが仕事になったら良いよね?

それで生活ができたら嬉しくない?

そう思うのなら、自分が好きでやっていることをどうマネタイズできるか考えることが大事だよねと。

 

趣味を仕事にするって考えるとどうも難しいけど、

”提供すること”を考えて取り組んだら、

学び方も自然と変わるんじゃないかな。

そう思いまして、検定試験の勉強を始めようとも考えたのです。

 

「自分がどの程度、中国語を理解しているのかという尺度も知りたかった。」

っていうのもあるのですが、

検定試験を通して上達していくことで、

誰でも中国語を理解することができるということを伝えられると思いました。

  • どんな学習方法をしたのか(過程)
  • どんなことが難しかったのか
  • つまずいたポイント

などなど、いずれはこれから学びたいという人に学習法などを提供したいと考えています。

だから、前以上に真面目に取り組んでいますよ!笑

 

ダラダラやっても理解はできるかもしれません。

でも、どうやって身に付けたの?って聞かれた時に、

「なんかやってたらできるようになった」

なんて回答だったらガッカリしますよね(´・ω・`)

 

でも、じっくり取り組みながら、

誰かにいずれは教えること(提供すること)を前提に学べば、

上記のような質問に対して、ちゃんとした回答ができるはずなんです。

それは、中国語を学びたい人にとって価値ある情報になりますよね。

 

この時代、インターネットで調べればいくらでも勉強方法なんて出てきます。

だから、特別な答えが出せるとは思ってないけど、

自分の言葉で話したい!!、伝えたい!!のです。

つまずきのポイントなんて人によって違いますし、

私も誰かの役に立ちたい!!!

そんなエゴもあります笑

 

語学学習を趣味で終わらせないために、

まずは9月の検定試験です!!

一番やさしい1級を申し込みましたが、

進捗状況によってはもうひとつ上の2級も同日に受験しようと考えています。

がんばるのだ!加油ー!!!!

 

中国語検定HSK公認テキスト1級改訂版[音声DL付]

中国語検定HSK公認テキスト1級改訂版[音声DL付]

 

 

 

知的労働のすゝめ〜肉体労働はツライよ〜

今月から古着転売の勉強をはじめました。

中国輸入で失敗しといてまだ懲りないのかという話ですが、

やはりビジネスの基本は”商売”だと思うのです。

 

「ものを売る」ということですね。

その中でも転売ビジネスは、

初心者でも取り組みやすい分野だと知りました。

安く仕入れて、高く売る

これですね!!!

 

以前やっていた中国輸入も、この原理(安く仕入れて高く売る)は同じです。

しかし、色々と障壁があって初心者向きではないと感じます。

  • 中国輸入の何が難しいのか
  • どんな失敗があったのか

これらについてはまた別の記事で書いていこうと思います。

中国輸入に成功している人からみればただの泣き言かもしれませんが、

失敗には必ず理由があるので参考になればと思って今度書き出します。

 

この記事の内容は、知的労働のすゝめだった!!

すぐに話題が逸れてしまうのが私の悪い癖です。いかん、いかん。

 

今年の5月から正社員として働いていますが、

やっぱり会社員という働き方が私にはしっくりこないです。

「決まった時間に、決まった場所で同じメンバーと仕事をする。」

ということに何だかムズムズしてしまうことがあります。

それに加えて、お金も欲しい。

 

欲望にまみれたこの状況を脱するためには、新たな販路を増やす必要があると考えました。

俗に言う、副業です(・∀・)

 

即金性があるという理由で、派遣の仕事をやっていましたがなんせ肉体労働。

自由な時間を削って働くので、長く続けるのは難しいだろうなというのが本音です。

移動時間も含めると結構な時間ですからね。

 

時間と場所に縛られない人達に憧れる気持ちは今も変わりません。

メルカリで不要品を販売しながら色々と模索をしていた時に、

古着転売に出会いました。

  • プラットフォームが”メルカリ”であること
  • 仕入れ代金が安いこと
  • 小ロットから始められること
  • 中国輸入の経験が活かせること(梱包・顧客対応・商品画像など)

これらの理由から、古着転売の勉強を始めることに決めました!!!

 

現在は、

古着転売で月に50万円以上稼いでいるというしーなさんのメルマガを購読しています。

 

肉体労働ではなく、知的労働にシフトする為に時間の投資は欠かせません。

また、20代のうちに”自分でお金を稼ぐ”という感覚も身に着けておきたいのです。

 

会社員という働き方が決して悪いとは思いません。

ひとえに会社員といっても色んな働き方・職場環境もあると思います。

 

特に週休2日制」「8時間労働」が私は嫌い。

だからこの状況を脱したい!!そんな思いなのです。

 

 

 

休日とて小銭稼ぎをする。

今日はお仕事が休みでした。

今週は6連勤だったので、ぐてたまになりたい気分満載でしたが朝から派遣のバイトに行ってきました。

休日の小銭稼ぎです。

 

何故、そこまでして働くのか?ですが、

「親に借金をしているから」が大きな理由です。

貯金もほとんどない状態なので、貯金も合わせてしなければいけない。

そう考えるとやはり副収入が必要になってきます。

 

派遣という肉体労働以外にも、

フリマアプリで稼いでいますがその額は雀の涙ほど。

どうしようかなと考える日々です。

 

後は税金対策も今年はしたい!!

看護師の給料プラス、副収入。

そして仮想通貨も崩したので来年の税金が高いのは予想が付きます。

なのでその辺も考慮して、お金をどう増やしていくか(管理するか)を考えている。

上半期はお金でとても痛い思いをしたので、

これからはしっかりと自己管理をして対策をしていきたいのです。

 

今検討している税金対策としては、「ふるさと納税

以前から興味はあったのですがイマイチわからなくてえ手が出せなかったもの。

改めて調べて色んな人のブログとか見てようやくわかりました。

お金で痛い思いをしたからだろうか以前よりも理解度があがった気がする。

シミュレーションを使っておおよその納税上限額はわかったので、

今はどこに納税するか決めている段階です。

見るだけでワクワクします\(^o^)/

食べることが大好きなので、お礼品は食品かな。

お肉、お米、海鮮モノ、、、、悩むな。

 

あとは、今行っているフリマアプリ。

メルカリ販売なんですけど、ここにももう少し力を入れていきたい。

最近、古着転売についての情報を得たので実践してみたいなと思っているのです。

不用品の販売だけだといつか終わりを迎えてしまうから。

単なる小銭稼ぎではなく、ちょっとビジネスを意識して販売していきたい。

 

 

稼いで、貯金して、借金返済して、税金対策をする。

お金に支配されるのではなく、私が支配するのだ!!

20代のうちに「やりくりマスター」になってやる!!!!

 

 

人生はじめてのフリーマーケットに参加する!

今週の日曜日に、人生初のフリーマーケットに参加します。

家にある不用品をどうにかしたい!

そんな思いから参加を決意しました。

 

 

最近お世話になっているメルカリ主催なので安心。

出店料は1500円です!!!

つまり最低1500円以上の売上がないと赤字(´・ω・`)

フリマは楽しむことが第一だと思うので、あまりお金を気にせずに販売していこうかなと思います。

 

値段設定から魅せ方、販売場所(ポジション)など

何が良いのかわからず色々調べています。

楽しむとは言いつつ沢山売れて欲しいなという気持ちはあるので。

たぶん時期的にも暑いので、さっさと売って撤退したい。

なんともわがままな奴です笑

 

販売する商品は、

  • アクセサリー
  • ドリンクホルダー付きバック

この2点がメインです。

後は、CDとは雑貨類。販売価格は500円を考えています。

商品ごとに細かく設定するのは面倒なので、ALL500円にします。

売れなかったら値下げ。

今考えている計画はこんな感じかな。

 

何よりも事前の情報収集が大事だと思うので、今はリサーチ段階です。

そこでわかったことは、

  • すぐに販売できるよう開始時間前にセッティング完了
  • 午前中が一番売れる
  • 値段はわかりやすいよう大きく記載
  • 端のポジションが良い(お客さんの目に止まりやすい)
  • ベテランの横は避けよ

これらのことを踏まえて、販売していこうと思います。

何事もトライ&エラーです。

 

不安半分、楽しみ半分。

今はそんな気分(*^^*)

 

 

 

お金の奴隷

先週の今頃は、定期券を紛失しててんやわんやしてました。

しかも、銀行口座残高が1000円。

財布の中身が2500円だから大変。

全財産3500円の大ピンチです!!

 

チマチマ貯蓄がモットーだった私にとってこの事態は大変な事件だったのです。

ただこの事件を通して学んだこともあるので、結果オーライかな。

 

あれから約1週間。

見た目は子ども頭脳は大人のコナン並に頭を働かせて貯蓄を1万円程に増やしました。

 

・メルカリの売上金を換金

・不要品を売る

・派遣のバイト

 

お金を得る手段は色々あることを今更ながら知りました。

 

昔は貯蓄が数十万円あっても"減る"だけで不安でした。

 友達と遊ぶ時もお出掛けする時も、いつも"お金"のことを考えながら過ごしていました。

だからストレスだったんです、外に出ることが。

私はそれを人と会うことで抱えるストレスだと思っていましたが、本当は"お金"によるものだと最近わかったのです。

 

まさに"お金の奴隷"ですね。

2chを創設したひろゆきさんの言葉を思い出します。

 

人々が貯蓄をするのは、安心を得るためなんだと。

 

会社員として働く以外で、お金を稼ぐ手段を知った今、私のお金に対する不安は一気に減りました。

 

手段を知っただけでなく、実践して"お金を得た"ことが大きいのかも。

 不安を打ち消すには行動しかないとも言いますが、その言葉の意味がよくわかります。

 

20代で底をつく経験が出来て良かった。

そういうことにしよう。

 

以上。

 

 

 

【手術室看護師】脊髄くも膜下麻酔について〜メモ編〜【1年目】

5月から手術室で働いています。

ずっと憧れの現場だったので、

入職直後は高揚感でいっぱいでした。

 

だがしかし、覚えることが多い多い、、、。

薬の種類から作用、介助の手技と根拠など

もちろんオペ室に限った話ではないですが、

日々めまぐるしく過ぎていく毎日にテンヤワンヤです。

 

たくさん覚えるべきことはありますが、

その中の脊髄くも膜下麻酔についてまとめます。

 

脊髄くも膜下麻酔は腰椎麻酔とも呼ばれています。

私の職場では、ルンバールと呼んでます。

最初は、それぞれ別のものと思っていたので理解に時間がかかりました。

それはさておいて。

 

ルンバールについて、箇条書きしていきます。

  • くも膜下麻酔は麻酔薬の比重がとても大切→高比重・等比重・低比重とある。
  • マーカインは高比重と低比重がある。
  • 比重が高い(高比重)と下部神経に麻酔が可能でコントロールが安易
  • 低比重は麻酔範囲の調整が困難であり、今はほとんど使われていない。
  • 麻酔効果がある時間に終わる手術に適応→約2時間。
  • 硬膜外麻酔に比べて体位が柔軟→腹臥位・側臥位・座位でも可能。
  • 麻酔域の判定は冷感消失・痛感消失。
  • 麻酔効果は、冷感→感覚→痛感で進行していく。
  • 麻酔薬を注入して約5分〜10分で効果が出現。

 

私の職場では、高比重のマーカインを使っています。

所属は整形外科で主に下肢の手術が多いです。

だから、高比重なんですね!理解できたぞ。

高比重は、下部神経に麻酔が可能でコントロールが安易。

狙った部分への麻酔も可能だから!!

 

麻酔科の先生は、不必要な投与を避けるドクターです。

全身麻酔の時も、挿管は極力しないし、術野以外に麻酔がかかるのも避けています。

以前いた職場は、挿管バンバンしていたので最初は驚きました。

挿管って喉の奥の方に器具を入れるので患者さんの負担はかなり大きい。

ましてや金属の物体が入るので、喉も傷ついてしまいます。

*今の職場では、挿管の際ランゲルマスクを使います。金属ではなくゴム製のものです。

 

オペの時間はだいたい1時間〜1時間半。

適応の範囲内です。

一度だけ、麻酔が切れてしまったことがありました。

ルンバールをした後、オペ開始までに時間がかかってしまってトータルの手術時間も長くなりましそれゆえ、手術の終盤で麻酔が切れてしまったことがあります。

「もう麻酔切れてますよ」と麻酔科医が執刀医に言っていたのを聞きました。

患者さんが覚醒したりとかはなかったので大丈夫だったんだろうと思います。

ルンバールしてから3時間くらい経っていたんじゃないかな。

 

話を少し戻して、ルンバール(脊髄くも膜下麻酔)の後はアイスノンを使ってレベルチェックしています。

何故アイスノンを使って判定しているのか?

それは、麻酔効果が出る最初の段階が冷感だから。

なるほど!

 

 

最後に大事な副作用について

  • 呼吸困難→麻酔が高位に及ぶと呼吸困難を訴える。患者さんが喋れていれば大丈夫。
  • 低血圧・徐脈→脊髄くも膜下麻酔における徐脈や低血圧は生理現象なので高確率で起こる。
  • 嘔気・嘔吐→低血圧により脳内の血液還流量が減少した場合、むかつきや嘔吐が起こる可能性が高い。

呼吸抑制は大変ですよね。

麻酔科医がレベルチェックをする際に、患者さんに声掛けするのは麻酔範囲の確認もあるのでしょうが、患者さんが話せているのかの確認でもあると理解しました。

この時、話せなかったら呼吸困難の疑いがありますよね。

その前にモニターで発見できそうですが、患者さんの反応をみるのも大事なことです。

 

 

ざっと、まとめましたが根拠をもってまとめると覚えが良いように感じます。

患者さんが安心して手術に望めるように早く一人前のオペ看になりたい!

いや、なります!!!!

たまにはこうやって記事にしてまとめるのもいいな。