おるたな気分

おるたな気分

ただ好きを発信する

信じ抜くんだたとえひとりになっても

信じ抜くんだたとえひとりになっても

お笑い芸人西野亮廣さんが約4年半かけて制作した絵本えんとつ町のプペル

その絵本の中に登場するフレーズです。

無料公開をしたことで大きな話題になりました。

最近では映画化も決まったそうですね。

 

色んなところで話題になっているので、タイトルだけ知っている!

そんな人もいるのではないでしょうか。

まだ読んだことない人にぜひオススメしたい良書。

それがえんとつ町のプペルです。

 

この本が伝えたい事は、自分を信じることの大切さだと思います。

現代社会において、夢を見る人は叩かれます。

ときには鼻で笑われることもあるでしょう。

でも自分が描いた夢ならば、叶えたい夢ならば最後まで信じて進んで欲しい。

そんなメッセージが込められていると感じます。

 

えんとつ町に現れたゴミ人間”ハロウィン・プペル”が、煙突掃除屋の少年”ルビッチ”と出会って星を探す物語。

ストーリーは、このようにして始まります。

4000メートルの崖にかこまれ、外の世界を知らない町がありました。

はえんとつだらけ、モクモクと煙があがりここに住む人たちは青い空を知りません。

輝く星も知りません。

ある時夜空を駆ける配達屋さんが煙を吸って咳き込んで配達中の心臓をうっかり落としてしまいました。

視界が悪いので、どこに落ちたのかもわかりません。

配達屋さんはさっさと諦め、夜の向こうへスタコラサッサ、、、

そう、この町は視界が悪く青い空さえも見ることができません。

えんとつ町に住む住人は当然、星の存在を信じていません。

だから、星を探そうとする人を叩くのです。

どうせ無理だ、そんな馬鹿なことをして、、、と。

 

煙突掃除屋のルビッチは、亡き父が見たという”ホシ”の存在を信じています。

そして、その星を探すのですが周りの友達からはバカにれるんですよね。

だって彼らは星の存在を信じていない人たちだからです。

ただひとり星を探している少年ルビッチは孤独なのです。

そこに、この物語の主人公であるプペルが登場します。

もちろん彼も孤独なのです。

なぜなら彼はゴミ人間。ゴミからできた身体は臭く周りの人たちからも避けられています。

 

そんな孤独なふたりが出会い共に”ホシ”を探す物語。

それが、えんとつ町のプペルです。

 

だがしかし、ただ単に”ホシ”を探すだけの物語ではありません。

一緒に探すと誓ったのに、もう二度と会わないと決別をするシーンがあります。

少年ルビッチが、いじめっ子のアントニオにこっちに来いよとそそのかされるのです。

あんなヤツと一緒にいないで、こっち来いよと。

そう彼らは”ホシ”の存在を信じない人たち。

この集団に戻った時点で、ルビッチの”ホシ”探しは終わってしまいます。

 

ホントはやりたいことがあるのに、周りにそそのかされてグッと我慢してしまう。

結果として望まない環境にいる。

そんな状況を表しているようです。

 

ここでルビッチがプペルに放つ言葉も冷たい。

もうキミとは会えない。もうキミとは遊ばない

本心じゃないくせにと思いながら、読者の私も悲しい気持ちになりました。

そんなことで諦めてしまうの?と。

 

物語にはちゃんと起承転結というものがあって、”ホシ”は見つけられませんでした、、なんて結末にはならないわけです。

一度”ホシ”探しを諦めたルビッチの元に、プペルは自ら会いにいきます。

一緒に過ごしていたあの時とは違い、ボロボロに変わり果てた姿で会いに行くのです。

急がなきゃ、ボクの命がとられる前に

そうルビッチに告げ、彼を連れ出します。

 

ここからが、この物語のクライマックスです。

  • なぜ、命がとられる前になのか?
  • プペルは死んでしまうのか?
  • なぜ”ハロウィン・プペル”なのか?

その謎が、最後に全てわかります。

 

この物語は、決して子どもたちだけに向けられたものではありません。

夢をみて、夢を語って、夢に向かって行動をして、鼻で笑われて、叩かれて、揚げ足をとられている

そんな”アナタ”に向けられた物語です。

 

信じ抜くんだ、たとえひとりになっても

人生の3つのコツ

気づけばもう3月も中旬で、卒業シーズンも終わりを向かえました。

次は入学シーズンですね。

卒業式や入学式では必ずといっていい程スピーチがあります。

その殆どは校長先生の長ったらしい話なのですが、かのアメリカでは(特に大学では)有名な起業家などを招いてスピーチをするようです。

日本の会社でも、有名起業家を招いてスピーチしている所はありますよね。

確かSoftBankは、現代の魔法使い”落合陽一さん”を招いていた記憶があります。

これからの日本のテクノロジーに関する話をされていて、私の頭ではよく理解できませんでした。

 

今日、記事として書くのはMIT(マサチューセッツ工科大学)でおこなわれた卒業スピーチです。

Drop Box創業者ドリュー・ヒューストンさんのスピーチ「人生の3つのコツ」に関してです。

いわゆる人生で成功をおさめるためにはどうしたら良いか。

 

成功とは必ずしも富に限ったことではありません。

人によってはコミュニティの充実だったり、安全な環境で暮らすことだったり違うかもしれませんが自分の欲求を満たすという部分では同じです。

その状態を得るにはどうしたらいいか。

その答えを3つのポイントに絞って話しているのが、ドリュー・ヒューストンさんのスピーチです。

3つのポイントとは何かという話ですが、

  1. テニスボール
  2. サークル
  3. 30000

上記3つの項目です。

これだけ見ても何が何だかわからないと思います。

ひとつずつ説明していきますね。

 

まず1つ目のテニスボールについて。

世間ではよく”好きなことを仕事にしなさい”と言われますね。

そりゃ一度きりしかない人生ですから嫌なことを嫌々ながらやるのは、時間もお金も体力も精神ももったいないです。

好きなことを仕事にできたら最高です。

しかし、ドリュー・ヒューストンさんはこのスピーチの中で”好きなことを仕事にする”という言葉にはあまり意味がないと言います。

それは、今やっていることが好きなことだと思っているからです。

(あるいは今までやってきたことが)

もしかしたら、まだやってもいない領域の中に好きなことがあるかもしれない。

その可能性はゼロではないのに、今まで経験してきたことだけで”好き”を決めてしまうのは勿体無い。

そう言っているように解釈しました。

 

では世の中で成功している人達は、好きを仕事にしていないのか。

好きな仕事をやっているから成功できているのではないか。

そんな疑問が生まれてきそうです。

その答えとして、ドリュー・ヒューストンさんはこう答えます。

 

世の中で成功している人達は、自分の好きなことを仕事にしているのではなく

自分にとってのチャレンジを攻略するのに夢中になっている人だと。

それはまるで、テニスボールを追いかける犬のようだと言います。

そう、人生のコツ1つ目のテニスボールとは、問題解決に夢中になっている姿を表します。

テニスボールを追いかける姿ですね。

問題解決が楽しいから、夢中になって一生懸命に働けるのだそうです。

過去の記事に、仕事に好きも嫌いもないということを書きましたが一番大事なのは夢中になれるか否か。

これに尽きるような気がします。

 

次に2つ目のサークルです。

ここでいうサークルとは仲間のことを指します。

”自分の価値は自分と一緒に過ごす人の5人の平均値で決まる”のだそうです。

お金持ちになれるか否かの話でも似たような例えがありますよね。

やはり環境が大事なんだと再認識しました。

加えて、スピーチの中ではこうも語られています。

自分に刺激がある人と一緒に過ごすということは、自分に才能があることや一生懸命に仕事をすることと同じくらい大切である。

刺激がない人生なんて面白くはないし、面白くないということに気付かないくらい感覚が鈍感になってしまいそうです。

こわい、こわい。

環境は決して馬鹿にはできませんね。それで全てが決まると言っても過言ではない気がします。

 

最後に、30000という数字です。

これは私たちに与えらた時間です。

つまり、82歳まで生きると仮定した時の私たちに最初に与えられた時間です。

30,000日

私は今26歳なので、約9185日消費していることになります。

そして過ぎ去ったこの9000日は二度戻ってきません。

そう聞くと人生とは短く、もたもたしている暇なんてないと強く感じます。

 

スピーチの最後で、Drop Box創業者ドリュー・ヒューストンはこう語ります。

準備をしている暇なんてない。練習は終わりだ。

時間はとても儚いものです。

常に意識をしていないと無碍に垂れ流してしまうことになります。

時間は、二度と取り返すことができない唯一のものです。

 

自分に刺激がある環境(人物)で、テニスボールを追いかける犬のように夢中になれることに取り組む。

それがこれからの人生を生きていくコツになります。

あなたの残された時間はどのくらいでしょうか?

 

Excelsior=常に向上心を持て

 

せっかくの20代なので、恥ずかしいくらいがむしゃらに生きるのもいいかもと思いました。

30代でがむしゃらも悪くはないですが、場合によっては痛いババァ扱いされそうなので。

進んだ分だけ進んでいるのが現実

少しずつでもいいから前に進んでいこう。

本日、ある音声を聞いてそう思いました。

 

白いタンクトップ姿が印象的な

武井壮さんの音声なのですが、

その中では動かない人に向けての言葉がありました。

 

例えば、

「会社をやめたい」とか「〇〇がしたい」とか

口ではやりたいことを言うのに全然行動できていない人は沢山います。

 

私自身も昔はそうで、

忙しさや経験の無さを理由にしては

何も行動を起こさない人でした。

 

面倒くさいという気持ちもあるのですが、

心の奥底では、うまくいかなかった時の怖さ

というものもあり進めずにいたのです。

 

世の中の行動できない人の多くは、

この怖さがあるからじゃないでしょうか。

特に、一度失敗の経験がある人は

またうまくいかなかったらどうしようと

リスクばかりに意識が集中してしましい足がすくんでしまいます。

 

この音声の冒頭ではこんな言葉が述べられています。

「0」が1番ダメで、プラス1もマイナス1も

絶対値のように両方プラスになっている。

 

絶対値とは、数学的に【数直線上のある点と原点との距離】を意味します。

距離にマイナスはないので、その値は必ず正の数になります。

 

この絶対値を用いて例えるなら、

何もしないことが「0」で

行動することが「原点との距離」なのです。

そしてそれは、マイナス(失敗)であったとしても

最後は必ずプラスになる。

 

自分自身の幅を広げてくれる要素になるのです。

 

夢に向かったけどダメだったという人は多いでしょう。

「もうダメかも」

「どうせ私なんて」

と落胆してしまう人もいるかもしれませんね。

 

しかし、進んだ分だけ進んでいるのが現実です。

そしてそれは全てアナタにとっての武器になっています。

 

最後に、

夢っていうのは完全に叶えることだけが夢じゃない。

近づいていくだけで夢だから、今日やったら近づいていくから。/ 武井壮

 

毎日の歩みは、牛歩のようにほんの少しかもしれません。

しかし、確実に前に進んでいるので

この歩みを止めずに日々精進していきます。

 

もう無理だと決めつけて、

止まってしまうことが1番いけないのです。

 

最高のメンタルコントロールは書くこと

今月は受験シーズンですね。

 

今日はいつもとは違って公共の自習室で作業をしました。

100人くらい入る大ホールで、部屋に入った瞬間重厚な空気が漂っており、そっか今月国立大の入試かと少しだけ昔の自分を回顧しました。

 

昨日の記事で、ストレスに関することを書きました。

ストレスを感じる人とそうでない人の差は「考え方」の違いであると。

寝る間も惜しんで勉強をしている受験生も、日々ストレスを感じていることでしょう。

それに加えて、不安や恐怖もあるのではないかと思います。

机に積み重なった教科書と静かな部屋に響く紙の音を聞いてそう感じてしまいしました。

 

自身の受験期を思い出しながら、メンタルコントロールが大事だよなと思ったのです。

今の私自身もメンタルコントロールは課題のひとつ。

 

そんな時、ある動画でメンタルコントロールに関する話がありました。

最高のメンタルコントロールは書くことだと。

 

精神を平常に保ったり、不安や恐怖を打ち消すための1番の方法は書き出すことだそうです。

 

心の中に不安や恐怖、緊張などが溜まった時周りの人に相談する人は多いと思います。

それもメンタルコントロールをする上でのひとつの方法ですが、人に悩みを相談するより紙に書き出す方が効果が高いと言われています。

紙に書き出すことでネガティブな感情が頭のなかで整理されるのです。

 

おでこの部分、前頭葉で感情が処理されるのです。

つまり、感情のコントロールができない人というのはこの前頭葉が弱いと言えます。

ここを鍛える方法としては、瞑想と運動があげられていました。

 

確かに、運動をした後は脳がクリアになっているのがわかります。

今はほとんど運動をしなくなったのですが、昔はバリバリの陸上部でした。

今よりも昔の方が頭が回っていたなと感じるのは、やはり運動が影響しているのでしょうか。

脳のためにも、運動はないがしろにしたはいけないですね。

 

少し話が逸れてしまいましたが、最高のメンタルコントロールは紙に書き出すことです。

ネガティブな感情を紙に書き出して感情を整理することが大事なのです。

時間は5分〜10分。心に溜まっている感情を全て書き出すことです。

 

最後に、感情を書き出すことによって成果に差が出た面白い実験を紹介して終わります。

(実験)

プレッシャーがかかるテスト前に、学生を3つのグループに分けあることをさせました。

  1. テストまでに何もさせなかったグループ
  2. ポジティブなことを書き出す (例)いつも通りやれば大丈夫、テストが終わったら焼肉に行くなど楽しこと
  3. ネガティブなことを書き出す (例)計算ミスしたらどうしよう、自分だけ落ちたらどうしようなど不安や恐怖

全てのグループに10分間やってもらった後に、テストをおこないました。

このグループの中で、いつも以上の能力を発揮できたのは3番目のネガティブな感情を書き出したグループのみ。

それ以外のグループでは、本番にいつも通りの力を発揮できませんでした。

 

ここで大事なのは、不安や恐怖を頭の中から取り出すように書き出すこと。

頭がもやもやして集中力が落ちているときにも効果的のようです。

 

私は心のもやもやが出た時、我慢して飲み込んでしまうことが多いです。

腸内に便を溜めると身体によくないように、脳にもネガティブ感情を溜め込むのはよくないと思いました。

溜まったら定期的に書き出して整理する。

同時にマインドセットもおこないながら頭の中をクリアにしていきます。

観察力を鍛える方法

メンタリストDaigoさんの動画内で観察力に関する話がありました。

人間はどのようにして観察力が衰えるのか?という話と観察力を高める方法について語られていました。

 

観察力が高い人というのは、何をやっても上手くいく印象があります。

相手を観る力があるからこそ、求められることがわかり適切なアプローチができる。

結果、良好な関係が築ける・上手くいくということです。

 

ビジネスにおいても、相手ありきのコミュニケーションですから観察力は非常に重要になってきます。

逆に観察力がないとキツイのかもしれません。

 

人間はどのようにして観察力が衰えていくのか?

 

人間は、わかったと思った瞬間に目の前の事象が見えなくなるそうです。

観察する力があるのに、脳がシャットアウトしてしまって見えなくなってしまうそうです。

だからどんどん観察力が衰えてしまう。

 

人間関係においても同じことが言えます。

人は、付き合いが長くなるほど相手のことを見なくなってしまいます。

まぁ見ないというよりか、興味・関心が減ったというのが正しいのかな。

 

皮肉にも初対面の時が最も観察力が高いそうです。

 

観察力に関して面白い実験があるので紹介します。

10年連れ添った夫婦と交際1年のカップルで、どちらのグループが相手のことをよくわかっているか、お互いのことを理解しているか調査する実験がおこなわれました。

 

どちらかのグループが圧勝だったのですが、どちらだと思いますか?

 

 

こんな話をするんだから交際1年のカップルだろう。

いやいや、ここは10年の夫婦でしょう・・・。

 

正解は、交際1年のカップルです!!!

 

相手が何を考えているか、そんなものにハマっているか、この2つの料理ならどちらを食べたいと思うか。

これらのアンケート調査の結果、相手のことをより理解していたのは付き合って1年のカップルでした。

 

人間は、この人のことがわかっていると思った瞬間に見なくなるそうです。

先述した通り、シャットアウトしてしまって観察しなくなります。

「わかっている」という感覚は怖いですね。

 

仕事においても同じことが言えると考えます。

最初はわからないことが多いからたくさんのことを吸収しようとします。

 

ひとつひとつ丁寧にみて、つまり高い観察力で物事を捉えようとしますね。

しかし、ある程度慣れてくるとわかった気になってしまいます。

ホントはまだまだ学ぶべきことはたくさんあるのに、できるようになったから「わかった」気になるのです。

 

もうその時には観察力が衰えているのですね。

観察力の低下は、探究心・好奇心の低下にも繋がると私は思います。

それは成長の低下にも繋がると同時に考えました。

 

では、観察力を低下させないようあるいは向上させる方法は何か?

 

まずは観察力を衰えさせない方法を説明します。

それは「相手を褒めること」です。

 

相手を褒めるのには2つあって、

  1. 自己確認
  2. 自己拡大欲求の刺激

自己確認とは、例えば綺麗な人に対して「キレイですね!」ということ。

相手がわかっていることを褒めることを指します。

 

2番目の「自己拡大欲求の刺激」がめちゃむちゃ大事です。

相手が気づいていないことを褒めるのです。

 

例えば、温厚な女性を見て「雰囲気が家庭的ですね」と言うのです。

実際に当たっていなくてもいいそうです。

あまりにも適当なことはダメかもしれませんが・・。

 

相手が気づいていないことを褒めるといいのです。

こうすることによって、常に相手のことを観察するようになります。

 

次はどこを褒めようかなどと考えれば、自然と相手を観ることになります。

常に褒めることを意識すると観察力は衰えないというわけです。

 

次に、観察力を高める方法。

すぐにでも取り入れたいトレーニングです。

観察力が低いかもという方はぜひやってみて下さいね。

 

それは「すれ違う人の良いところを探す」ということです。

向こうから来た人とすれ違うまでに3箇所褒めるというもの。

 

もちろん心の中でです。

声に出して褒めてもいいと思いますが、端からみたら怪しい人になります。

 

例えば、「目がキレイ」「カバンがお洒落」「髪がキレイ」などと良いところを瞬時に3つ見つけます。

最初は大変そうですね。

 

流れ星に3回願い事を唱えるみたいに「えーっと」「うーんと」で過ぎ去ってしまいそうです。

 

しかし、このトレーニングによるメリットもあるのでやらない選択はありません。

メリットは以下の2つです。

  1. 良いところを探すスピードが増す
  2. 人間のポジティブな面に注目できる

人の嫌なところはすぐに見えるんですけどね。

嫌なところを見たって人間関係は良くなりません。

 

まだまだ私は観察力が足りないので、このトレーニングを実行して観察力の向上をしていきます。

また冒頭部分でも書いたように「わかった」で止まらないようにします。

 

人はわかったと思った瞬間に見えなくなってしまうからです。

 

 

【ダン・コブリーさん】物理学が教える街頭インタビューの無意味さ

物理学は身の回りのことについて教えてくれる面白い学問だと思います。

以前記事にした、引き寄せの法則量子力学です。

私は高校時代、生物を専攻していたので物理学には詳しくありません。

かといって生物学も詳しくないです。

 

最近、見た動画は物理学関連のものが多かったので特に関心が強い学問にもなっています。

今日書きたいことは、物理学を用いてマーケティングを解説したダン・コブリーさんのお話。

ニュートンの法則から始まり、ハイゼンベルクの不確定原理、そして最後は熱力学第二法則でプレゼンは終わります。

この3つの法則の中で、2番目の不確定原理についてとくに関心を持ったので書きます。

 

そもそも不確定原理とは何かという話ですが、これは量子力学における基礎的原理でもあります。

素粒子の位置と運動量を正確に測定することは本質的に不可能というもの

素粒子とは、目で見ることはできない極小さな物質です。

測定するという行為自体が粒子の状態を変えて(動かして)しまうので、元々の位置がわかりません。

例えば、素粒子に光を当てたとします。

光の粒子には運動量があるので素粒子を飛ばしてしまうのです。

なので、元々の位置がわからず正確な測定ができないといった具合です。

測定するという行為が粒子に変化を与えます。

つまり観察するということが状態を変えてしまうのです。

 

で、これがマーケティングと一体どんな関係があるのか?という話ですね。

 

例えば、街頭インタビューをされた経験がある人はいるでしょうか?

この製品についてどう思いますか。

あなたは普段どんなことをしていますか。

質問内容は様々ですね。

これらの行為はマーケティングの一種で、消費者のデータ集めです。

しかしハイゼンベルクの不確定原理において、これら行為は無意味なものと結論付けられます。

なぜなら、観察されると消費者の言動は変わってしまうからです。

 

素粒子=ターゲットユーザー

測定行為=ヒアリング

 

動画内ではとても面白い例が語られていました。

「日頃からインターネットでポルノを見ているとアンケートで答える人が何人いるでしょうか?とても少ないです」

「しかしGoogleで最も検索されているのはポルノです」

 

そう、観察をされている状態で素直に答える人は案外少ないのではないでしょうか。

例えば、ダイエットをしている人がいたとして「最近の調子ははどう?食事管理できてる!?」なんて聞いたとします。

その時「あんまり食べていないよ!大丈夫!!」と答えたとしますね。

では実際の行動はどうでしょうか?

あんまり食べていないと言いつつ、ダイエットしているとは思えない食生活になっていたりします。

 

観察されると、消費者(相手)の言動は変わってしまいます。

中には発言通り実行できている人もいるでしょう。

しかし、観察されると消費者の言動は変わってしまうという原則がある以上マーケティングにおいて(消費者の)言っていることではなく、実際の行動を見ることが大事であるとダン・コブリーさんは言っています。

行動はウソつかないですからね。

 

ヒアリングが全く意味のないものだとは思いません。

しかし、証言のみを信頼してデータ分析をするという行為は危険であるということです。

Amazonにおいてレビューを見ることはもちろん大事であるが、モノレートのグラフやランキング推移など数値でわかるデータも大切だということ。

クラレビューも多いので、実際の売れ行きや製品の質が不明瞭なこともあります。

購入者の性別や年代がわかれば良いのですが、Amazonでは非公開になっています。

他のECサイトを参考にして今後もデータを集めていきます。

 

 

いい大人が簡単に諦めるとか言わないで

 

いい大人が簡単に諦めるとか言わないで、、、。

希望にすがって、すがって、やっと糸の先掴んだんだから。

この先何年かかっても、ボクは諦めない。
鋼の錬金術師・アルは、合成獣(キメラ)から人間のからだに戻ることを諦めた大人に上記のことを告げます。

今さら何をしたって無理さ、もう絶望的なんだと。

今の姿を受け入れることも、変えようとすることもせずに、ただただ絶望に浸っている大人に向かって少年アルは続けてこう言います。
自分の可能性を信じることもしないで『どうせ』とか『しょうがない』とか、そんな枯れたことを言うなよと。
確かにそうです。

自分で自分のことを信じないで、現在(いま)を変えることなんてできません。

わずかな可能性であったとしても、諦めたらそこで終わりなんです。

安西先生も激おこプンプン丸です!

 

鋼の錬金術師に登場する、少年アルはまだ10代。

強靭な鎧の姿からは想像しえない高い声(アニメ版)なんですよ。
禁忌といわれている『人体錬成』を行い人間の身体を失ったアル。

鎧の塊として、人間同様の生活を続けるのですが、やはり元の身体にもどりたいと思うのです。

からだに代償を負った兄・エド同様に、元のからだに戻るための手がかりを探す旅に出ます。
たくさんの試練と苦悩があり、ほんのわずかであるが元のからだに戻る手がかりを見つけていきます。

そんな最中に出会ったのが、絶望の淵で彷徨う合成獣(キメラ)たちだったのです。
『どうせ』とか『しょうがない』と言った言葉を吐き、たくさんのことを諦めた人も多いでしょう。

少年・アルのように、どんな困難な状態でも可能性を信じる人は凄いなと思いますか?

自分なんて『どうせ』と言ってしまいそうですね。
私は、アルが凄い特別な少年だとは思いません。

『どうせ』とか『しょうがない』とか言ってしまう人は、自分で自分の可能性を潰しているんです。

潰しちゃったら見えないですよ。

すぐ近くにあったのに、ネガティブな感情でアンテナを張ることをやめたら気づかなくなってしまいます、可能性に。

だから、いい大人が簡単に諦めるとか言わないで!

自分の可能性を信じることもしないで、『どうせ』とか『しょうがない』とか、そんな枯れたことを言うなよ。

自分自身にも常に言い聞かせたい言葉です。