おるたな気分

おるたな気分

ただ好きを発信する

人は自分と似た人を好きになる

f:id:ayuupi:20180522214051j:plain

今年のクリスマスは彼氏と過ごす!と毎年言っています。笑

どうも私は恋愛が得意ではないようです。

もう26歳ですが、ディズニーランドや花火大会、温泉旅行、、、。

好きになった人と行きたいところはたくさんあります。

 

このままじゃいかんと思い、今月から恋愛を学ぶことにしました。

メンタリストDaigoさんのチャンネルはとても勉強になります。

親密な人間関係の構築から時間管理の方法、そして恋愛まで多岐に渡って説明してくれます。

しかも、科学的根拠に基づいた解説なので実践もしやすい。

なるほど、なるほど!と思いながら毎回観ています。

 

人は自分と似た人を好きになるとはよく言ったものです。

確かに、趣味や嗜好が合う人とは会話をしていて楽しいです。

しかし、自分とは真逆のタイプの人を好きになる人もいるでしょう。

例えば、世話好きな人が甘えん坊な人を好きになるとか。

 

では、人は自分と似た人を好きになるというのは嘘なのか。

似た人を好きになるとはどういうことなのか。

まずはその部分を解明していきます。

 

これがわかると気になる相手と仲良くなりやすいし、恋愛じゃなくても親密な人間関係をつくれるとDaigo様が言っていました。笑

私も最近実践しながら検証してます。

 

「態度は似ている人ほど魅力的」

ここで重要なポイントは態度(行動)が似ているという点。

自分と意見や態度が似ている人を好きになるし、似ている人ほど魅力を感じやすいとか。

同じような反応や行動を示す人のことです。

ミラーリングといって、相手と同じ行動をするテクニックありますよね!

それも、このポイントを意識したテクニックなんだと思います。

 

反対に、性格は自分と異なる方が魅力的に感じるそう。

先ほども書いたように、世話好きな人と甘えん坊の人のような関係です。

ただ、性格に関して言えば必ずしもということではありません。

 

例えば、外向的とか内向的といったタイプがありますが、外向的な人は内向的な人外向的な人両者から好かれるというデータがあります。

*外向的:人に関心をもち、人付き合いを積極的におこなう。

*内向的:自分の内面に関心をもち、人との関わりをもちたがらない人。

なので、性格に関しては類似性や相補性よりも一般に好かれる性格というものがあるということがわかっています。

 

一般的に好かれる性格については後日。

態度が似ている人に魅力を感じるという点を使うなら、会話の中で相手と同じような反応・行動を示すことを伝えるよいですね!

私と同じ考えだ!と思ってもらうことが、親密な関係を築く上ではとても大切になってきます。

いわゆる価値観が似ている人でしょうか。

男女の恋愛に限らず、友人や仕事の人であっても十分に応用できそうです。

 

人付き合いって正直面倒くさいと思うことが多かったのですが、検証しつつゲーム感覚で親密度を高めていくのもありなんじゃないかと思っています(*^^*)

 

 

恋ごころの科学

f:id:ayuupi:20180522213730j:plain

休日は、メンタリストDaigoさんの動画視聴にハマっています。

動画内でたまにおすすめの書籍を紹介して下さるので、観た後は図書館に行って借りて読んでいます。

今日読んだ本は「恋ごころの科学」というもの。

恋愛を心理学の面から解読した本で、たくさんの調査や研究結果に基いて分析されています。

 

Daigoさんの動画と本の内容がリンクしている部分が多いので、とても読みやすいです。

動画で学んだ内容に追記していく感じで、本を読むとより理解が深まります。

そして、本を読んだ後にもう一度Daigoさんの動画を観るとさらに理解が深まります。

 

本の内容はこんな感じ

・態度は似ている人ほど魅力的

・魅力ある異性のパターン

・美人が得をしない場合

・好かれる女性の条件

・男女別の嫉妬

 

私は恋愛が決して上手い方ではなくて、好きになった人と中々両思いになれません。

今年こそは彼氏とクリスマスを過ごすぞ!と何年も言っている始末です。

これはどうにかしなきゃと思い心理学の勉強をするようになりました。

恋愛以外にも、親密な人間関係の構築だったり、コミュニケーションだったり、磨きたいことがたくさんあるので!!

 

相手をコントロールするためではなく、相手を理解して自分の行動を改めていこうという思いです。

 

Daigoさんが個人的に好きということと実践しやすい解説をして下さるので、ついついハマってしまいます。

時折出る毒舌も好きです!!

 

若さに安住するのが一番いけないですね。

自分の魅力を理解し、ピカピカ磨いて幸せを築いていこう。

 

【20代】借金返済のために【155万円】

f:id:ayuupi:20180517104449j:plain

今月から看護師として医療の現場に復帰しました。

働きながらお金が貰えるって幸せですね。(初給料まだだけど、、。)

 

看護学校卒業後、すぐに就職しましたが労働環境が合わず約1年で退社。

会社員なんかやるもんか!!とちょうどその時に知り合った人に誘われて中国輸入を始めました。

ここが全ての始まりなのです。

 

詳細は省きますが、最終的に155万円の借金を抱えてしまいました。

もう目に見えていたので、借金になることは。

なので、4月の中頃コミュニティを抜けて看護師に戻ることに決めました。

 

これから少しずつ返していこうと思ったのですが、返済を執拗に催促されたので親に頭を下げて頼ることにしました。

借り入れ元にはすでに完済しています。

しかし、親に約100万円程借りたのでその返済をこれからしなければなりません。

こんなピンチの時に助けてくれた親にはホントに感謝しています。

 

コレに加えて、中国輸入をはじめて辞めるまで(コミュニティを抜けるまで)の約8ヶ月間貯金を崩しながらやってきたので今は残高がほとんどありません。

赤字、赤字で貯金が底を付きそうになったのも辞めた理由の1つです。

 

それで、借金返済のために今月はマジでがんばらないといけないのです。

無事に就職できたものの給料日は6月中旬。

それまでの生活費を稼がないと生きていけません。

現在の貯金残高は約4万円

 

どうするか考えた所、副業することに決めました。

なので、今は本業(看護師)が終わった後に派遣の仕事をしています。

翌日が休日の場合に限るので、日数は少ないのですが20時から夜中の2時までお仕事です。

 

派遣の仕事をした時の帰宅時間は夜中の3時半。

通常の起床時間が4時半なので約23時間覚醒していることになりますね。

自分ながらに凄いと思います笑

 

東進ハイスクールの林先生(今でしょ!!の人)が、1ヶ月がんばれない奴は何をやってもがんばれない。

という内容の発言を以前していました。

だからね、今月はがんばろうと思うのです。

もちろん本業に支障がないように気をつける必要はありますが。

 

借金をする人はバカな人だと昔は思っていました。

私の母も昔多額の借金をしていて、子どもながらにバカだと思っていました。

それが理由で両親は離婚もしたので自分は気をつけようと誓ったはずなのに。

何をやっているんだろう。

 

ただこの事態を前向きに捉えるならば、お金の重要性がわかったということ。

そして昔の自分に言いたいのは、自分が管理できる範囲でお金を使うことです。

使ったお金をどう回収するのか、マイナスにならないためにどうすべきか、いわゆるキャッシュフローですが、そこが自分でわかっていないと後々大変になります。

だから、人からお金を借りるにせよその点もしっかり把握する必要がありますね。

いや、しなければならないと言った方がいいのかな。

 

最後になりますが、親といっても多額のお金を借りている相手ですので、甘えずに返済をしていきます。

完済目標は2年です。

 

 

人脈を広げるためのスーパーコネクター

今月からメンタリストDaigoさんのニコニコチャンネルに登録しました。

今月は人間関係をメインに放送をして下さるということもあって、人間関係の構築が苦手な私はいつも楽しみにしています。

 

特に今月は新しい職場で働くことになったので、Daigoさんのチャンネルで学んだことを実践していこうと思っています。

今回書くのは、スーパーコネクターというもの。

 

少ない人間関係で、大きなネットワークをつくるためにどうしたら良いか?というもの。

友達の数は多いほうが良いとずっと思っていましたが、そうではなくて大事なのは「質」

何人いるかではなく、どんな人がいるかが大事だと話されていました。

友達と呼べる人が少ないことに引け目を感じていた私にとって、この言葉は聞いてホッとしました。

 

ただ、友達と呼べる人や最近出会う人は良い人ばかりで、人に恵まれているなと思います。

もっと自分の人生を良くするために、質の良い人で囲まれたいです。

今まで出会った人の中には、同じ場にいるだけでストレスを感じてしまう人もいました。

前の仕事は特にそれが強くて、毎日が苦痛でした。

今月はそのコミュニティからも抜けたので心機一転で変えていきたいです。

 

話が少し逸れてしまいました。

スーパーコネクターとは、簡単にいうと色んな人と繋がっている人です。

単に友達の人数が多い人ではなく、色んなジャンル・職種・年齢と繋がりがある人のことを指します。

 

あなたの身近にもいませんか?

俗に言う、顔が広い人です。

 

その人と繋がりをもって、人脈を広げていこうというが少ない人間関係で最大限の成果を出すための方法です。

ここで大事なポイントは、社交範囲が過剰に広い人を探すこと。

先述したように友人は数ではなく「質」

何人いるかではなく、どんな人たちがいるかなので社交範囲が重要になってきます。

 

では、どうやってその人たちと出会うのかという話ですが、生息地と特徴を掴めば大丈夫です。

生息地:社交場

特徴:人を褒めるのがうまい

 

スーパーコネクターは他人を誘うのが好きだそうです。

考えてみれば確かにそうかもしれません。

自らさそい繋げてネットワークを広げる。

それを繰り返していきながらまた新たな人脈を築く、、、。

また人を褒めるのも上手い。

 

つまり、他人を褒めながら人誘っている(あるいは紹介している)人を探す。

これがスーパーコネクターの見つけ方です。

 
思い返せば、最近参加したイベントにスーパーコネクターらしき人がいました。
イベントの幹事だったかな?
とても気さくな方で、一緒にいて楽しく感じられる人です。
そっか、そっか、そんな人と繋がれば良いのか。
 
来週、タイミング良くその人と会える機会があるので直接話しかけてみます!!
仮にスーパーコネクターと出会えても自分自身に魅力がなければ関係性の継続は難しいですね。
 
Daigoさんは捕捉として、複数のスーパーコネクターを見つけることも推奨していました。
誰かを紹介してもらったら自分も他の誰かを紹介する。
そうやってアメーバみたいに広げていくのです。
 
スーパーコネクターは、他人の好きなことや特技を覚えているのもまた特徴。
そう言えば〇〇さんて、これが得意でしたよね?と。
覚えてくれているって嬉しいですもん。
 
来週は、先日参加したイベントの打ち上げ
そして来月は会社の懇親会(数百名来る!?)
これはタイミングがいいですね!
スーパーコネクターに限らず、他の動画で学んだことも含めて実践してみよう!
 
今年の夏は今月と来月は、私がもっとも苦手な人間関係の構築が課題です。

 

 

 

 

術前検査の目的と注意すべき薬剤について

f:id:ayuupi:20180430173406j:plain

5月から手術室看護師として、医療業界に復活することになりました。

休息期間約8ヶ月です。

看護師として働いた期間も1年と少しなのでまだまだ甘ちゃん。

これからは、オペ室看護師として知識と技術を磨いていくことに集中します。

 

はじめは術前検査からやっていくと聞いたので、復習がてら勉強しました。

アウトプットが一番知識の定着に繋がるので色々書いていきますね。

 

そもそも術前検査は何のためにするのか?

手術を受ける前に必ず、問診のようなものを患者さんは受けます。

  • 今までにどんな病気になったのか。
  • 現在、内服している薬はあるか。
  • お酒は飲むか、タバコは吸うのか。

など沢山のことをヒアリングします。

心電図や血液検査もしますよ!

 

これらの検査がなぜ必要なのかという話ですが、それは安全かつ確実に手術を行うためです。

もうひとつは、手術当日までに患者さんの体調を整えるためでもあります。

 

手術は身体にメスを入れておこないます。

また、様々な麻酔を使用するため身体にかかるダメージはとても大きいのです。

持病があったり、常用薬があったり、生活習慣によっては術中や術後の危険はあがります。

それを事前に防ぐために手術前に検査(問診)等をして対策するんですね。

薬の中には術後の回復に悪影響を及ぼすものもあるので事前の把握が大切なのです!

 

注意すべき薬は主に3つ

薬を把握することは大切だけで、種類が多すぎてよくわかんない。

そんな人も多いかと思います。

私も薬は苦手です。

看護学生時代も就職してからも、名前と作用を覚えるに必死でした。

ただ看護師という仕事柄薬の勉強は必須ですので、苦手だからと逃げていてはダメですね。

 

 

①止血を妨げるもの

血液サラサラ系のやつ。

代表的なのがワーファリンですね。

 

手術中というのは身体にメスを入れます。

すると血がたくさん出ますね。

血液は生命維持にとても大切なものです。

大量出血すると人は死んでしまいます。

全血液の約3分の1がなくなると生命の危険が訪れ、全血液の約2分の1の喪失で心停止になると言われています。

なので、大量出血が予測される手術は特にキケンなんです。

また視界を妨げる原因にもなるので、血液サラサラ系のお薬は注意が必要です。

 

 

血栓ができやすいもの

血の塊ができやすいものです。

出血すると、それを止めようと血小板が集まって血液を固めようとします。

その塊が血栓なのです。

大きさによっては、血管を詰まらせてしまうものもあります。

もし血栓によって血管が詰まってしまったら、血液が流れる道が遮断されるため全身に血液が届かなくなってしまいます。

手術中にそんなことが起こってしまっては大変です。

なので、事前の把握と服薬中止が必要です。

必要な血液が循環しなくなるためのリスクを減らすための対策ですね。

 

代表的なものとしては、性ホルモン製剤のピル(エストリール)と骨粗鬆症薬です。

 

 

③血圧を下げるもの

高血圧の人が内服している可能性大です。

血液が身体を循環している時、血管にはある程度の圧力がかかっています。

この圧力が弱いと抹消(足先や指先)までに血液が届きません。

 

時に手術中は麻酔の作用とは出血によって、血圧が下がりやすい状況になっています。

なので、手術前に休薬するのです。

 

上記3つはどれも大切ですが、特に重要なのが血液サラサラ系のやつです。

手術中の大量出血や止血困難を招くからです。

 

 

最後に

いずれの薬も術前に休薬する場合がほとんどですが、

ケースによってはしない場合もあります。

そのためいつから中止にするのか、しないのか医師に確認することが大切です。

確認、確認の作業ですね。

 

これから覚えるべきことはたくさんありますが、こうやってアウトプットすることで効率よく知識を定着させていきたいなと思います。

日々是鍛錬です!!

 

 

信じ抜くんだたとえひとりになっても

信じ抜くんだたとえひとりになっても

お笑い芸人西野亮廣さんが約4年半かけて制作した絵本えんとつ町のプペル

その絵本の中に登場するフレーズです。

無料公開をしたことで大きな話題になりました。

最近では映画化も決まったそうですね。

 

色んなところで話題になっているので、タイトルだけ知っている!

そんな人もいるのではないでしょうか。

まだ読んだことない人にぜひオススメしたい良書。

それがえんとつ町のプペルです。

 

この本が伝えたい事は、自分を信じることの大切さだと思います。

現代社会において、夢を見る人は叩かれます。

ときには鼻で笑われることもあるでしょう。

でも自分が描いた夢ならば、叶えたい夢ならば最後まで信じて進んで欲しい。

そんなメッセージが込められていると感じます。

 

えんとつ町に現れたゴミ人間”ハロウィン・プペル”が、煙突掃除屋の少年”ルビッチ”と出会って星を探す物語。

ストーリーは、このようにして始まります。

4000メートルの崖にかこまれ、外の世界を知らない町がありました。

はえんとつだらけ、モクモクと煙があがりここに住む人たちは青い空を知りません。

輝く星も知りません。

ある時夜空を駆ける配達屋さんが煙を吸って咳き込んで配達中の心臓をうっかり落としてしまいました。

視界が悪いので、どこに落ちたのかもわかりません。

配達屋さんはさっさと諦め、夜の向こうへスタコラサッサ、、、

そう、この町は視界が悪く青い空さえも見ることができません。

えんとつ町に住む住人は当然、星の存在を信じていません。

だから、星を探そうとする人を叩くのです。

どうせ無理だ、そんな馬鹿なことをして、、、と。

 

煙突掃除屋のルビッチは、亡き父が見たという”ホシ”の存在を信じています。

そして、その星を探すのですが周りの友達からはバカにれるんですよね。

だって彼らは星の存在を信じていない人たちだからです。

ただひとり星を探している少年ルビッチは孤独なのです。

そこに、この物語の主人公であるプペルが登場します。

もちろん彼も孤独なのです。

なぜなら彼はゴミ人間。ゴミからできた身体は臭く周りの人たちからも避けられています。

 

そんな孤独なふたりが出会い共に”ホシ”を探す物語。

それが、えんとつ町のプペルです。

 

だがしかし、ただ単に”ホシ”を探すだけの物語ではありません。

一緒に探すと誓ったのに、もう二度と会わないと決別をするシーンがあります。

少年ルビッチが、いじめっ子のアントニオにこっちに来いよとそそのかされるのです。

あんなヤツと一緒にいないで、こっち来いよと。

そう彼らは”ホシ”の存在を信じない人たち。

この集団に戻った時点で、ルビッチの”ホシ”探しは終わってしまいます。

 

ホントはやりたいことがあるのに、周りにそそのかされてグッと我慢してしまう。

結果として望まない環境にいる。

そんな状況を表しているようです。

 

ここでルビッチがプペルに放つ言葉も冷たい。

もうキミとは会えない。もうキミとは遊ばない

本心じゃないくせにと思いながら、読者の私も悲しい気持ちになりました。

そんなことで諦めてしまうの?と。

 

物語にはちゃんと起承転結というものがあって、”ホシ”は見つけられませんでした、、なんて結末にはならないわけです。

一度”ホシ”探しを諦めたルビッチの元に、プペルは自ら会いにいきます。

一緒に過ごしていたあの時とは違い、ボロボロに変わり果てた姿で会いに行くのです。

急がなきゃ、ボクの命がとられる前に

そうルビッチに告げ、彼を連れ出します。

 

ここからが、この物語のクライマックスです。

  • なぜ、命がとられる前になのか?
  • プペルは死んでしまうのか?
  • なぜ”ハロウィン・プペル”なのか?

その謎が、最後に全てわかります。

 

この物語は、決して子どもたちだけに向けられたものではありません。

夢をみて、夢を語って、夢に向かって行動をして、鼻で笑われて、叩かれて、揚げ足をとられている

そんな”アナタ”に向けられた物語です。

 

信じ抜くんだ、たとえひとりになっても

人生の3つのコツ

気づけばもう3月も中旬で、卒業シーズンも終わりを向かえました。

次は入学シーズンですね。

卒業式や入学式では必ずといっていい程スピーチがあります。

その殆どは校長先生の長ったらしい話なのですが、かのアメリカでは(特に大学では)有名な起業家などを招いてスピーチをするようです。

日本の会社でも、有名起業家を招いてスピーチしている所はありますよね。

確かSoftBankは、現代の魔法使い”落合陽一さん”を招いていた記憶があります。

これからの日本のテクノロジーに関する話をされていて、私の頭ではよく理解できませんでした。

 

今日、記事として書くのはMIT(マサチューセッツ工科大学)でおこなわれた卒業スピーチです。

Drop Box創業者ドリュー・ヒューストンさんのスピーチ「人生の3つのコツ」に関してです。

いわゆる人生で成功をおさめるためにはどうしたら良いか。

 

成功とは必ずしも富に限ったことではありません。

人によってはコミュニティの充実だったり、安全な環境で暮らすことだったり違うかもしれませんが自分の欲求を満たすという部分では同じです。

その状態を得るにはどうしたらいいか。

その答えを3つのポイントに絞って話しているのが、ドリュー・ヒューストンさんのスピーチです。

3つのポイントとは何かという話ですが、

  1. テニスボール
  2. サークル
  3. 30000

上記3つの項目です。

これだけ見ても何が何だかわからないと思います。

ひとつずつ説明していきますね。

 

まず1つ目のテニスボールについて。

世間ではよく”好きなことを仕事にしなさい”と言われますね。

そりゃ一度きりしかない人生ですから嫌なことを嫌々ながらやるのは、時間もお金も体力も精神ももったいないです。

好きなことを仕事にできたら最高です。

しかし、ドリュー・ヒューストンさんはこのスピーチの中で”好きなことを仕事にする”という言葉にはあまり意味がないと言います。

それは、今やっていることが好きなことだと思っているからです。

(あるいは今までやってきたことが)

もしかしたら、まだやってもいない領域の中に好きなことがあるかもしれない。

その可能性はゼロではないのに、今まで経験してきたことだけで”好き”を決めてしまうのは勿体無い。

そう言っているように解釈しました。

 

では世の中で成功している人達は、好きを仕事にしていないのか。

好きな仕事をやっているから成功できているのではないか。

そんな疑問が生まれてきそうです。

その答えとして、ドリュー・ヒューストンさんはこう答えます。

 

世の中で成功している人達は、自分の好きなことを仕事にしているのではなく

自分にとってのチャレンジを攻略するのに夢中になっている人だと。

それはまるで、テニスボールを追いかける犬のようだと言います。

そう、人生のコツ1つ目のテニスボールとは、問題解決に夢中になっている姿を表します。

テニスボールを追いかける姿ですね。

問題解決が楽しいから、夢中になって一生懸命に働けるのだそうです。

過去の記事に、仕事に好きも嫌いもないということを書きましたが一番大事なのは夢中になれるか否か。

これに尽きるような気がします。

 

次に2つ目のサークルです。

ここでいうサークルとは仲間のことを指します。

”自分の価値は自分と一緒に過ごす人の5人の平均値で決まる”のだそうです。

お金持ちになれるか否かの話でも似たような例えがありますよね。

やはり環境が大事なんだと再認識しました。

加えて、スピーチの中ではこうも語られています。

自分に刺激がある人と一緒に過ごすということは、自分に才能があることや一生懸命に仕事をすることと同じくらい大切である。

刺激がない人生なんて面白くはないし、面白くないということに気付かないくらい感覚が鈍感になってしまいそうです。

こわい、こわい。

環境は決して馬鹿にはできませんね。それで全てが決まると言っても過言ではない気がします。

 

最後に、30000という数字です。

これは私たちに与えらた時間です。

つまり、82歳まで生きると仮定した時の私たちに最初に与えられた時間です。

30,000日

私は今26歳なので、約9185日消費していることになります。

そして過ぎ去ったこの9000日は二度戻ってきません。

そう聞くと人生とは短く、もたもたしている暇なんてないと強く感じます。

 

スピーチの最後で、Drop Box創業者ドリュー・ヒューストンはこう語ります。

準備をしている暇なんてない。練習は終わりだ。

時間はとても儚いものです。

常に意識をしていないと無碍に垂れ流してしまうことになります。

時間は、二度と取り返すことができない唯一のものです。

 

自分に刺激がある環境(人物)で、テニスボールを追いかける犬のように夢中になれることに取り組む。

それがこれからの人生を生きていくコツになります。

あなたの残された時間はどのくらいでしょうか?

 

Excelsior=常に向上心を持て

 

せっかくの20代なので、恥ずかしいくらいがむしゃらに生きるのもいいかもと思いました。

30代でがむしゃらも悪くはないですが、場合によっては痛いババァ扱いされそうなので。